芸術の殿堂マリインスキー劇場

~知られざる秘話と作曲家の残した奇跡~
2019年11月14日(木)19:00 開演
赤羽会館 講堂
入場料 4500円 小学生2000円
お問合せ 03-6914-1255

続きへ

チャイコフスキーフェスティバル 2019

ワレリー・ゲルギエフ指揮
マリインスキー歌劇場

歌劇「スペードの女王」(全3幕)
11月30日(土)15:00、12月1日(日)15:00 東京文化会館
S席42,000円、A席36,000円

歌劇「マゼッパ」(全3幕)
12月2日(月)18:00 サントリーホール
S席30,000円、A席25,000円

詳細はhttps://www.japanarts.co.jp/tf2019/

交流協会会員の方へはご優待がありますので、事務局までお問合せ下さい。

続きへ

~音の万華鏡~

10月18日(金)18:30~21:30
ラトリエ バイ エーピーシー(渋谷区東1-26-30 渋谷イーストビル1F)
入場料 3,500円(飲み物とお菓子付き)
チケット予約 russianmusicjp@gmail.com

M.イッポリトフ=イワノフ作曲 「日本詩人の詩による歌」より
T.スミルノワ作曲「日本の詩曲」
S.ワシレンコ「 日本のメロディー」および、日本の短歌と、トランペットとピアノのために編曲された日本の有名な曲からのオリジナル組曲。
中田喜直 四手連弾のための組曲「日本の季節」より
「三音符架け橋」日本とロシア歌曲メドレー

続きへ

Garjue Lab presents concert

2019年10月25日(金)19:00
ルーテル市ヶ谷ホール
前売5500円、当日6500円
※いずれも全席自由
2018年12月、外務省主導「ロシアにおける日本年」にて、
極東ロシアでの能楽公演で演奏参加したGarjue(江藤雅樹氏)が主宰。
洋楽器と能楽、縄文から吹かれている石笛(いわぶえ)のコラボレーション
アナスタシアさんがラストにゲスト出演の予定

続きへ

夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界

市原湖畔美術館・企画展関連イベントのお知らせ
夢みる力――未来への飛翔 ロシア現代アートの世界
会期:2019年8月4日(日)~10月27日(日)
【関連イベント】
・9月15日(日) シンポジウム「夢みる力――ロシア文化における宇宙と彼方」
・9月28日(土) イベント「ロシア・デイ」市原湖畔美術館がロシアになる日!

続きへ

Tribute to Sultanov 特別版 ~スルタノフ生誕50周年記念コンサート~

2019年08月31日(土) 17:30 開場 18:00 開演
ルーテル市ヶ谷ホール

モスクワ音楽院を卒業したピアニストを中心に、ロシアに熱い思いを持つピアニスト5名が、35歳の若さでなくなった天才スルタノフを記念して演奏するコンサート。
出演 今泉 響平、日高 志野、江本 純子、伊賀あゆみ&山口雅敏デュオ

ラフマニノフ=ホロヴィッツ:ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36
ショスタコーヴィチ=アトフミヤン : 交響曲第4番 op.43 より第3楽章
ショパン:バラード 第4番 ヘ短調 Op.52
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品16 第1楽章よりカデンツァ

ホームページ:http://www.alexeisultanov.jp/concert/20190831.html
お問い合わせ: concert@alexeisultanov.jp

続きへ

ロシア語表現ハンドブック

ひとことからスピーチまで
▶言いたいこと・伝えたいことが表現できる
▶会話表現を中心に広くカバーする。全10章87項目
▶各項目では初級から中、上級まで、3段階レベル設定

熊野谷葉子
スニトコ・タチアナ
白水社
2200円+税

続きへ

読売日本交響楽団 サマーフェスティバル2019 《三大協奏曲》

8月21日(水)18:30
東京芸術劇場コンサートホール(池袋)
「三大協奏曲」
3人のソリストが3つの協奏曲をそれぞれ演奏する公演。
ヴァイオリン:髙木凛々子
ピアノ:アレクサンダー・マロフェーエフ
チェロ:アレクサンドル・ラム
S:7500円、A:5500円、B:4500円、C:4000円
読響チケットセンター:0570-00-4390

続きへ

アンコール上映 夏のロシアアニメーション

アンコール上映!
夏のロシアアニメーション 巨匠傑作選2019
8/17(土)~9/6(金)
一般1,500円、学生1,300円、シニア1,100円、会員1,000円
チケット・タイムテーブルのお問合せは
「ユジク 阿佐ヶ谷」

続きへ

ウラジオストクを旅する43の理由

著者:中村正人氏
出版社:朝日新聞出版
7月20日発行
飛行機でわずか2時間半のウラジオストク。行きたくなること間違いなしの1冊。

続きへ